FC2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
インサイドワークとコントロール

C 1-0 G   巨人16回戦   9勝7敗

久しぶりに、ワクワクした試合だった。

倉が思うように黒田をあやつり、黒田が絶妙のコントロールで答え、G打線を切っていく。攻撃の時間より守りの時間を楽しみにした試合なんて、今期初だろう。

二岡・小久保・江藤  面白いように凡打の山。ピンチを迎えても強気の投球で切り抜けた。

あれだけ前半からインサイドを攻めたら、後の打席でも意識せざるを得ない。後半は、内を意識させといて、外のスライダーで勝負。少々甘くなってもフルスイングさせないから打ち取れる。

あと、倉は、投手とサインが合わなくて、もう一回だしなおすとき、右手の指をクルクル回して、サインを変えるよ と合図を送る。こういった、細かいとこにまで気を使ってる。

石原よ、いろんなことをベンチからよ~く見て勉強しなさい!!

それにしても、あんなヘボい桑田ごときから1点しか奪えない打線・・・ なんとかならんか・・・ 嶋 ホントに重症・・・

そして、いつもは何にもしないあのひとが、何を思ってか、チャンスで、スクイズとエンドランのサインを。結果、両方とも失敗。選手もいつもやらないことをやるから、ビックリするよなぁ。やっぱりこういうことは、ひとつひとつの積み重ねですよ。カントクサン。

あと、

 ↓

 

ヨミウリキョジングンも、落ちぶれましたなぁ。

あんな接戦で、もしかしたらサヨナラ勝ちするかもしれない試合なのに、スポンサーと親会社の日テレに放送延長を打ち切られるなんて・・・   哀れよのぉ~

スポンサーサイト



機動力野球

今日の朝刊を見て目を疑った。

昨日の試合 6回表2死1塁 走者新井。この場面で新井は工藤の牽制に誘い出されて盗塁死。

そのプレーを振り返って、当事者の新井が

「イチかバチカのギャンブル。牽制されたらしょうがないと思っていた。」

とコメント。コーチの山崎も、

「競った展開では必要なプレー。成功すれば流れをかえられていたかも。新井を責めるつもりはない。」

とコメント。

必要なプレーは誰でもわかるよ。けど、盗塁という作戦は、そんなテキトウな感覚的な作戦だったのか?数少ないチャンスを広げるための繊細な作戦じゃないのか?

チーム全体がこんな意識で野球をやっているから、強くなるわけがない。おそらく送りバントとか、全ての場面において、こんなテキトウな感覚でやっているんだろうな。

キャンプで毎年掲げられる「機動力野球」。こんなテキトウなことをするために掲げた目標なのか。

こんなプレーしか出来ないプロの野球チームを一喜一憂しながら応援してるファンの人たち(自分を含めて)。 いつになったら浮かばれる日がくるんだろ・・・