FC2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
精度・内容

西武2回戦 C 6-5 L 8回降雨コールド
対:2勝0敗 通:16勝20敗2分 交:4勝4敗
広島市民球場( 10716人 累:238166人/18試合=13231人 )




雨に救われて なんとか勝利にこぎつけましたが
まるで 去年の試合を見てるような内容の試合。
野球の精度が低すぎ。
強い雨の中 という悪条件を差し引いても
お粗末としか言いようが無い。

2回までとそれ以降、まるで別のチームかと。。

本日も見事な先制攻撃で序盤を6-1とリード。
佐々岡も調子が悪いなりに丁寧な投球で5回を3失点。

ここからが 全く試合にならず。

栗原が イージーフライを落球。
解説大下氏。苦し紛れのフォローしてましたが
雨の言い訳なんてしてる場合じゃないっすよ!
これで すっかり流れが向こうに。。

そしてハセガーが・・。
なんの成長も見られないいつもの被弾。
コントロールもなにもあったもんじゃない。
真っ直ぐを真ん中に投げるのが精一杯。

二死満塁のピンチを残して
佐竹投入。そして押し出しの四球。。
ここでの石原のリードがこれまた昨年に逆戻りの
外へ直球を一辺倒。
弱気の虫が。。
こういうピンチでこそ 強気に引っ張るのが捕手のオシゴトでしょう。

打線も2回以降得点できず。。
全くひょろひょろ球の西武救援陣から1点も取れないなんて。。

4回無死1塁、エンドランでゴロを打てない
6回一死3塁でバントのできない
7回無死、アップアップの西武・宮越から栗原四球を選んで無死一塁。でアライさん&前田。簡単にフライを打ち上げ。
森笠1-3のバッティングカウントから、2球とも真っ直ぐを見逃し三振。。。。

勝ちを拾ったのは 大きいにしても
こういう試合の内容・精度ではあまりにも・・。

それでなくても 投手陣の台所が苦しくなってきているのだから
そろそろ 打線がいいバックアップをしていかないと。


そんな中 末永・井生の思い切りのいい打撃が光りました。
使ってもらう喜びを感じ、そして結果を出す。
これぞ、解説大下氏のいう 監督と選手の信頼関係。

そしてマーティーの言葉。

『君たちは ユニフォームの後ろの番号で野球をするのか、
胸のチームマークのために野球をするのか。』


ええ言葉じゃぁあ。 これぞまさしくALL-IN!!


明日から雨続きの模様。過密日程の交流戦になりそうな予感です。。
ま いい方に考えて ケガ人続出の今、恵みの雨と。
スポンサーサイト



テーマ:広島カープ - ジャンル:スポーツ