FC2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
10/13 16年前のこの日。
1991年10月13日。

16年前のこの日、今となっては、我がカープが最高に輝いた最後の日。
1991.10.13

日曜日だったあの日は、阪神タイガースとのダブルヘッダー。
一塁側内野指定席で 歓喜のあの瞬間を味わいました。
思えば、最後の先発投手は、今季引退した佐々岡真司。
初回、四番・西田真二のライト前安打で先制した1点を、
佐々岡-大野の継投で守りきる。
そして胴上げのあと、史上初となる、観客の前、グラウンドでのビールかけ。
選手みんなが輝いていましたね。

あれから、はや16年。
あれ以来、あの感激を味わうことはたったの一度もありませんでした。



そんなチームに成り下がった 広島東洋カープ。
その 最高責任者が 本日の新聞紙上で 今季の戦いを振り返り
来季への思いを語っています。

これを読んで色々なことを思いました。
自分なりに書いてみます。

まず、最初に思ったこと。

我々ファンは、少なくとも私自信は、
『10年連続Bクラスだから、とりあえず5割、Aクラス入りでいいや。』
なんてことは、一切思ってませんから。
常に、どんな年も優勝争いをしている熱い戦いが見たいですから。

最低5割Aクラスの戦いなんて、あらためて言われなくても、
ほんとに当たりまえで基本中の基本ですから。

今年の戦力が不足していないというのなら、
その選手の能力を発揮させていない要因は何なのかをすべて明らかにして
そこを改善しなければ、来季も全く同じ結果だ ということですよ。
モチベーションを下げているのが、
采配なのか、起用法なのか、コーチングなのか、はたまた、球団の経営方針なのか。

そして、
『自前で育てた選手で戦っていくのが、伝統であり、セリーグ広島の存在感であり役割だ。』
という信念。
それは、確かに耳には心地よいし、かっこもいい。それに共鳴するファンも沢山いる。
その信念自体は非常に素晴らしいことだと思う。
でも、それは、過去の経緯及び現状に照らして見る限り、

文句を言わず 大人しくして 言うことを聞く選手の集まりで 仲良く戦う 

という意味にしか聞こえない。

そこに 勝つための本気 というのが 全く見えてこない。

この記事の中で、彼自身も言っています。
『監督の意図を浸透させるにはスタッフ、選手と話し合い、
より理解を深め合うことが不可欠である。』と。
過去に、全うな意見を言って対立した選手は どうなりましたか?
ここんところ、一番よくわかっているのは、彼自身なんですけれどね。
まず、彼自身が聞く耳を持つ ということでしょう。

そして、
奇しくも FA権を得た両名は 『優勝したい』 ということを ある意味条件としている。
伝統や存在感や役割なんていう 実体の無い言葉でお茶を濁されたんでは、
留まっていいのか、本当に悩むんだろうと思う。
そこには、実態としての 勝つための本気 が 絶対に必要なのではないのか。

本当に 自前で育てた選手にそっぽ向かれないで戦いたいのなら、
今 一番何が必要なのか。
最高責任者は、あらためて考え直すべきなのではないのか。
ということです。

自分は、
来年こそは、ほんとうに キレイごとではなく 強いチームの戦いが見れること。
これが、今一番の願いなんですけど。
ほんとうに 見れると 思いますか?



最後に、彼が語った事実を忘れないために 全文を記録しておきます。
[10/13 16年前のこの日。]の続きを読む
スポンサーサイト