FC2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
4/24 ラッキー勝利
東京ヤクルト3回戦 2勝1敗0分 通:8勝11敗1分 広島市民球場
観衆:10442人 累計:193544人 平均:13825人

CARP 5-3  SWALLOWS


まあ こんなラッキーな日もあっていいんじゃないの。
ことごとく不運に泣かされる場面を見ることが多かったこのチームですからw


初回の相手の3つのミスに乗じ、2点先制。
3回 久々の栗原のタイムリーで追加点。これもギリギリ三塁手のグラブをはじく。
5回 シーボルのどん詰まりのポテンヒット。


しかし 勝った試合なんですが 心から喜べないというかすっきりしないというか。
これは 何のせい?
自分自身が カープに対して熱いものを失った!?
そんなこと ないとは思うのですがねw

いや 何故かとゆっくり考えてみると、
カタチにはまった得点が取れないからなのだ ということにたどり着いた。
意思を持って走者を進め(送りバントやエンドラン) 流れを作ってタイムリー とか。
足の速い走者が盗塁して それが得点になるとか。
また、走者を溜めての長打 とか。

中継ぎ 抑え の起用法が固定されるとか。
意思を持った捕手のリードとか。


ま 今日の実況で 大下剛史氏が ことごとく自分の気持ちを代弁してくれた感じがしますよw

外国人の考え方の違いに 割り切っていくしか しょうがない 。 と。
それに対応しなければならない選手は大変だ と。

投手の起用法にしろ、盗塁のサインにしろ、
何とも歯がゆいというかもどかしいのでしょうね。
これ、今のカープの野球を観てる殆どの人が感じてることなんでしょうね。
感じてないのは 当の本人だけだから 余計周りはもどかしい。


ま とりあえず 大竹がどうにかこうにか初星を挙げました。
この結果をいいほうに捉えて 今後にはずみを付けてもらいたいですね。

そして 本日一軍初昇格の 松山竜平。
代打で登場 セカンドゴロに倒れましたが、今後とも期待してみていきたいです。

しかし また一軍メンバーの構成がより偏りました。
左投手 1減 左外野手 1増。
うーーーーん もどかしい。



それにしても TVの画面に映った 
ベンチの端っこでひとりポツンと立ったままグラウンドを眺める梵の姿が
非常に気になりましたね。

かと思えば 相変わらず ベンチに座ってヘラヘラする某が映りましたが。。。。



とにかく 次は落ち目の横浜。
一気に 強気に 叩いておかないと。



スポンサーサイト