FC2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
なんだかな~。。
 球団歌が“若返り”地元局アナ4人でリニューアル (スポニチ) 

新球場オープンを記念し球団歌「それ行けカープ(若き鯉たち)」がリニューアル録音された。歌うのはRCC・藤村伊勢、HTV・森拓磨、HOME・松藤好典、TSS・深井瞬の地元局アナウンサー4人。「鯉してるオールキャスターズ」を結成、13日にアレンジを変えた曲の録音を済ませた。「緊張しながらも楽しく歌うことができました」と深井アナ。新曲「勝利を我らに!~Let’s win!~」と合わせ4月中旬に発売予定。シーズン中は新バージョン球団歌が新球場に流れる。


なんだかな~・・・ なニュースです。

まあ 新球場に合わせて 何かやりたい球団の意図は分からないでもありませんが・・。

自分の中で 『それ行けカープ』は 初代しか認めてないのが本心でして。
そう、塩見大治郎さんが歌うあれです。
前回の南一誠氏のも違和感アリアリで どうも納得いかなかったのですが。
事もあろうに、TV局のアナウンサーを集めて歌わせるという 
何と表現していいのか分からないような事態となりました。
百歩譲って 本職のカープファンのアーティストはいくらでもいるでしょうに。
ギャラをケチったとしか考えられませんな~。。
こんなど素人を集めて歌わせるくらいなら 
いっそカープの選手たちに歌わせたほうがよっぽど話題にもなり盛り上がるでしょうに。

こんな 安易な発想、だれが考えたのでしょうかね。。
ほんとに残念でなりませんね~。 この楽曲がとても可哀そうでしかたありません。

折角の新球場で こんな 『それ行けカープ』が流れるかと想うと
テンション下がりまくりますよ。。

今からでも 何とかならんか と。

あーぁ~ なニュースでございますよ。。



スポンサーサイト



さてさて。
さてさて なんか ほんとに放置してしまってるこのブログ。

そろそろ 本腰を入れてカープを追いかけなければいけないのですが 苦笑

今週の水曜日には スタッフミーティングも行われるようです。

ということは 監督もそろそろ来日するんでしょうか。


この時点で まず思うことは。

チームがどのように変わってくれるのか。
はたまた過去のやり方を変えずに今年も同じやり方で戦うのか。

昨年、惜しい戦いをしたというのが一般的な論調になってしまっているのですが。
惜しいって言ったって結果はBクラス。
優勝にはほど遠い内容ですからね。
何かを変えなければ 同じ事の繰り返し。

とにかく 
戦術は今のままでよいのか。
戦力は今のままで充分なのか。
これ以上の補強は。
今季のオーダーは。

考えれば いろいろありますが。



そういえば
お正月の新春特番で
大下剛史氏 永田コーチ 梵英心の対談が放送されました。
その中で 興味深いやりとりが。

永田コーチが 梵に期待をしているという話をしたあと、
大下氏が 
そうならば、ショートは梵ですよ と進言しなくては。それぐらいせんとだめだ。
殴ってでもええから やらせればええんよ と。
(誰を殴るのかは不明ww ブラウン??ww)

そうしたら 永田がひとこと。

『担当コーチじゃないんですよ。。』 と。

そこで 大下氏が一喝。

『その意識が カープが低迷しとる原因なんよ。』

まさに その通りだと思いましたね~。

恐らく 任命全権は 監督にあるのでしょう。
そこに コーチが口を挟む余地はないんでしょうね。
持ち場以外のことはするな と。

それを受けて 永田コーチは

今年は自分も殻を破ります といってました。
果たして ほんとに殻を破れるのか。

昨年の監督の契約問題のときにも
コーチ陣との意志疎通をもっとよくしなければ・・
というような球団からの要求もありましたね。

まさに このチームが一つにまとまれるかどうかが
今季の結果を占うことになるのではないでしょうか。

そういった意味でも 
一番変わらなければならないのは
監督の方針なのかもしれません。



久々に いろいろ考えて 考察を書いてみましたよw
こんな感じで 熱い気持ちを呼び戻させる戦いを期待したいものです。