FC2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
概念とか観念とかが・・。
本日 久しぶりに 映像にてカープの野球をみることができましたので、
その感想などを。


とにかく 野球に対する概念とか観念とかいうものが
あまりにも違い過ぎるのでしょうね。
中日と広島の間で。


5回裏 6回裏 の カープの野球と、

7回表 の 中日の野球。

これこそが 全てを表していましたね。

7回表。
無死1塁で 打者8番谷繁。
落合監督は100%送りバントしか頭にありません。
そこへ持ってきて、ウチのかんとくさんは、
カウント 1-0 から
盗塁を警戒したのか、一球外角にウエストボール。
自分なら、盗塁も有り得ると考えている証拠。
この発想が、うちが勝てない最大の要因です。
チームの方針として1点を大事に取りにいくか、
ゲームの最大の流れを掴める場面で、
ギャンブルをかますか、もしくは、
チームとしての支持は無く、打者に全てを委ねるか。


もう ここらあたりは 采配を揮う人間の概念の問題ですから、
いまさら 変えられるはずもありません。
そういう一点の積み重ねの開きが 今日の点差となって表れました。
9回の2点などは 全くといっていいほど意味の無い得点です。
5回 6回の場面で、せめて1点ずつをとりにいけないチーム。



これこそが 自分をここまで冷めた気持ちにさせている最大の原因である
といっても言い過ぎではありません。






それにしても マエケン 辛いのぉ~。

7回を3失点。
先発投手としては 合格点でしょ。

それを 一人で全て背負い込んでしまって
というか背負わされて。

解説者の 元捕手の方が
井端に打たれた3点目の失投を咎めていましたが、
あの一球が咎められるのならば
6回裏無死1・2塁での栗原の初球の甘い球の打ち損じも咎めなさいよ。
あの打ち損じは 狙いも形もよかったけど、
タイミングが少し・・・なんてフォローしてましたが。
試合の流れからしたら
マエケンの一球よりも意味合い的には大きな一球だったでしょ。


あ でも 

『バントできないから やらない  ではなくて できなくても当然やらせる。
出来ない者は使わない。』

これには 大賛成ですよ。

その厳しさが 今のこのぬる~いチームにはありませんからね。



そんなわけで 少し客観的に 今日の試合の感想などを
久しぶりに 書いてみましたよ。

弱り目のチームには 破壊力も通用しますが、
強敵とのガチンコ勝負には手も足もでない
というのが 悲しいですが現状でしょうね~。

とにかく そんなチームと互角に渡り合えるチームに
一日も早くなっていただきたいものです。


スポンサーサイト