FC2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
雑感。
本日も TVにて観戦。

三連戦の初戦に続き いたい敗戦となりました。

冷静に見て 今日の今井は調子的にはかなり良くない感じでしたが、

なぜか 阪神打線が打ち損じてばかり。

外目にはわからない球のキレがあったのでしょうか。

そんな今井も 6回急に球威が落ちたところを一気に攻め込まれました。

これも まだ実績の無い投手。責められはしないでしょう。

惜しむらくは、アライのハーフスイングが回ったと判断されていれば。

まあ 今井の好投には拍手です。


今日の勝負ポイントは、

真弓監督が 下柳をあの時点でマウンドから降ろしたところだったと思います。

あの時の下柳は コーチの交代の言葉に怪訝な表情で不満タラタラでした。

そういうベテラン投手に遠慮することなくキッパリ決断。

勝負に徹した采配。 これが勝負を分けた気がします。


一方、

今日も 一点を大切にしない雑な野球で自滅でしたね~。

先制点を取った2回裏。
7・8番の連打で無死1・3塁。打者投手今井。
例えば内野ゴロ併殺でも1点先制。まあそれでいいとした采配なのでしょうが。
下位打線で無死3塁を取った願ってもないチャンス。
1点だけではあまりにももったいない。
貪欲に1点でも多く得点できる作戦をとるべきでしょう。
間違いなく 送りバントで一死2・3塁を。
結果、1点で終わるかもしれないが、一打2点の形をつくることが重要。
ミスや四球が絡めば大量点のチャンスも有り得るし。
ヘタだからやらせない のでは全く進歩は無し。



もう一つは、

言わずと知れた、栗原の盗塁死。
全く 意味がわかりません。
かんとくさんは 常々、
マクレーンは一発大きいのがあるから使う意味があると言っている。
(まあ 自分はこの選手を使う意味があまりないと思っていますが)
なのに何故この場面で走者を動かす?しかも鈍足の栗原に盗塁か。
僅か1点リード。相手の裏をかく場面でもギャンブルする場面でもあるまいに。


昨日も言いましたが。
こういう1点を大事にしない、雑な野球をしていては。。。。
自分は、こういう雑な野球が大嫌いです。



スポンサーサイト