FC2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
伸びしろ。
明日はいよいよドラフト会議。

わがカープは。

指名球団が8とも9とも言われている、

花巻東の菊池選手は早々に回避。

長崎清峰の今村投手を指名するようです。

今の所、一本釣りかソフトバンクとの重複か。

運命やいかに。

吉報が舞い込めばと期待します。



どうも、自分の中では、

超高校級の左腕投手は、プロに入ってから大成しないイメージしかないので、

この選択は非常に良かったと思っています。


中日・近藤  読売・辻内 ヤクルト・高井 

嶋 正田 小野 ・・・・・・

過去 いろいろな選手がいましたが うーん 何故なんだ・・・・・。



というわけで。



超高校級の実力ならば、高校野球レベルの打者を抑えられるのは当然。

そこを脱皮して、もう一つ上のレベルに行くには何が必要か。

自覚と、良い指導者。

これに尽きると思います。

マエケンなどは、一年目からしっかりとした自分を持っていた印象があります。

取材等でも 自分の意見をはっきりと言っていました。

自分自身を非常に良くわかっている印象。


しかし、高校から入ってくる選手全てがそのレベルにあるとは限りません。

本当のプロの世界を理解していない選手がほとんど。

そこには、良き指導者が必要で、その選手に合ったプランが必要で。

各選手の特性を見抜く眼力のある指導者がいて

きっちり指示ができるかどうかが 大きなウエートを占めると思います。



そう言った意味では、やはりある程度、レベルを上げるだけの練習・訓練は

当然必要だと感じます。

過去4年間の指導方針では、それを満たすだけの練習量は無かったはず。

高校から入団した選手には、ある意味では悲劇だったかもしれません。

初めから、それを個人の責任で自覚してやれ というのは非常に酷な話しだと。




伸びしろを持って入団してくる高校生には、

是非 その伸びしろを埋めて一流の選手に成っていただきたいと

切に思います。






スポンサーサイト