FC2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
凄い打線を回想
さて、トップの写真も変えて心機一転。

今季の応援モードも徐々に整えていきたいと思いますが。



本日は対外試合の二試合目。

日南で西武戦が行われたようです。

結果は またもや敗戦。

6-9 というスコア。

先発斎藤が炎上。

後続の投手もピリッとせず。

良かったのは、ルーキー左腕の川口。

彼のコメントは 至って強気。聞くたびに気持ちがいいですね~。

この気持ちで一軍切符を手に入れて欲しいものです。


しかし、練習試合とは言え、負けるのは気分のいいもんではありません。

意地を見せていただきたいものです。




そんな中。

先日、過去のビデオを整理していたら 1996年8月27日の

ヨミウリ戦の映像が出てきました。

見ながら思い出したのですが、この試合は球場で見ていたのです。



この映像、色んな意味で 物凄かったです。

まず。

スタメンが凄い。

カープ  
6野村 4正田 8前田 5江藤 7金本 3ロペス 2西山 9緒方 1紀藤

ヨミウリ 
5仁志 6川相 9松井 3落合 7清水 8マック 4高村 2村田 1ガルベス  

カープのこんな打線。夢のようなメンバーですね~。

何てったって、打率.282 本塁打20本 の緒方が8番打ってるのが凄い。

しかも、代打の関係で途中 投手の打順となり交代させられていますから。

なんて贅沢な起用法でしょうww

まあ 当時の投手陣は 超絶ボロボロだったのですがねw



さてさて この試合。

先発紀藤が 序盤から炎上。4回までに0-7ととんでもない展開。

当時 ヨミウリ3番の松井秀喜が なんと市民球場ライト場外へ特大アーチ。

仁志 落合にも同じイニングに本塁打。

今の打線ならここでジ・エンドなのですが・・・。

この打線がここで引き下がるはずがありません。

5回裏の攻撃が これまた凄い。

この段階のこの点差で 二死2塁。ここで代打浅井が出てくるんですから。

ほんとに 超攻撃的な作戦。 こんな作戦ができるほどの層の厚さ。

で、きっちりセンター前ヒット。
ここで 野村 正田 前田 の三者連続タイムリーツーべースで4得点。 

その後、近藤投手が出てきて失点。 4-8 に・・・。


しかーし。
6回裏の攻撃が 凄過ぎるぐらい凄い。 圧巻。

金本 四球。 
ロペス ヒット。 
西山がタイムリー2塁打。 5-8。
そして。 代打 高信二。タイムリーヒット。 6-8。
そしてそして。
相手投手が左の河野に代わったところで 
浅井に代わって代打 町田。
三遊間を痛烈に破るタイムリーヒット。 7-8。

ここまで 何と ノーアウト。
残念ながら この後 1-2-3番が凡退で同点ならずだったのですが。

この後。
残念ながら 弱小投手陣。
出てきた投手が 左腕 ワンポイントの小早川-白武。
ここが辛いところしたね~。

そしてそして。
7回裏には。
ロペスが 外の低めに落ちていくシンカーを見事にレフト上段に同点ホームラン。 8-8。

物凄過ぎる打線です。



ビデオを見ながら 何故そんなに凄いのか考えていると。

全ての打者が、初球からフルスイング出来ているのです。
とにかく、狙い球を絞って 
空振りでもファールでもいいからフルスイングできる。
そういう準備が出来ているんですね。
スタメン、代打 にかかわらず。
下半身がどっしりとしていて、ふらつく選手などおりません。

で。ベンチには山本一義コーチですよ。


やっぱし、打者は振り込まなければいけません。
自分のかたちでフルスイングできるだけの自信。

ケース打撃とか言って、
コツコツ腰が引けた打撃をしていたんじゃ埒は明きません。。。
自分のかたちがあってこその応用ですよ。


やっぱり こういう試合を見ることが出来れば
自ずと 球場に足を運ぶ気になります。

是非 今年は こんな面白い野球が見れることを臨みます。


こんな回想をしながら 
今年の試合も楽しみに見ていきたいと思ったのでした。








スポンサーサイト