FC2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
ワクワク感
今日も TV中継で試合を観戦したわけですが。

今年は カープの試合にチャンネルを合わせようという気がおきますね~。

それは何故なんだろう??と考えた時。



先日 コメント返信にも少し書いたのですが、

1. チームとしてやりたい方向性が明確であること。

2. 走者が出たらとにかく走る雰囲気がムンムンであること。


1.に関して。
すなわち 自分たちがやるべき事がチームに浸透しているので
みなが同じ方向を向いている。
細かいひとつひとつのプレーの積み重ねで安定した勝利を求めていくということ。

今日も映像で映りましたが、
3回表 無死から連続ヒットで1・2塁。
ここで送りバントを決められます。
三塁手と投手が打球を追い、サードベースが空いていました。
そこへ、走って来たのがレフトのフィオレンティーノ。
目立たないけど、キッチリ仕事してます。
昨年までなら、恐らくがら空きで走者を進塁させていた可能性大ですね。
そういうプレーイヤというほど見せられましたから。
今季は、そういうことを無くすための意識付けを秋から訓練してましたね。
まぁ、監督が言うように 
そんなことは普通に当たり前にできなければいけないのですがね。

それから 走塁。
打者が、打った瞬間から走者になっている。
末永の3塁打しかり、天谷の送球間の進塁しかり、
東出のオーバーランしかり、
意識が徹底されています。
これは、恐らく 
一塁の緒方コーチが常に声をかけて選手を意識させているのも大きいのではないかと推察します。

2.に関して。
東出 天谷 梵 松本高明 らが出塁したら
今年はムードが満点ですね~。
いつ走るのかいつ走るのかと ワクワクしてしまいます。
この感覚が非常に楽しい。
キャンプの時点で選抜されて盗塁練習をしていた選手たちは
恐らくノーサインでの盗塁を許されていると思っています。
なので今年は、このスリリングな感触を味わえる回数も増えるでしょうね。
球場に観戦に行っても一塁走者を見てるだけで嬉しくなりそうです。

この感覚を待っていたんですよね~。
昨年、記事にも幾度か書きましたが、
ストップウォッチで縛られた盗塁など、指揮官の自己満足に過ぎないですね。
選手は機械ではありませんからね。
投手の配球や 捕手との駆け引き。そういうのを見ながら楽しめるのも
野球の面白さ。




その他、今の段階では ジオが打たれたとか 栗原どうしたとか
ヒューバーだめか?? とか そんな感じもありますが、

上に書いたことが納得しているので
心配ながらも、それほどではありませんかね。
本番になってから 打てないとか打たれたとかなら
やばいですけどね。
あと二週間でしっかり調整してもらいたいものです。

まあ あとは 天谷の打率.500 なのが心配なくらいですかねw
どうしてもオープン戦で目立ってしまうと徹底的に研究されて他球団のマークがきつくなるので。

あと フィオレンティーノの間の取れた柔らかい打撃と
見逃し方が非常に好きですね~。
どれくらいやってくれるか楽しみです。

最後に。
やっぱし 捕手は倉でいいんじゃないですか。
石原の配球は楽しくないw
まあこれは勝手な妄言ですからスルーでw



オマケで。
今日の中継はホームテレビだったのですが。
解説の200勝投手北別府さんですが。
もう もどかしいもどかしい。
言いたいことは伝わるけど、言葉でスルスル出てこないので
イライラしてしまうのですw
いくら200勝投手とはいえ、喋る練習してくれないですかw



そんなことを思いながら見た今日の試合でした。


スポンサーサイト