fc2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
全てを無にする最悪な采配
今季初めてと言っていいほどの

四番としての最高の仕事。

8回表 1点ビハインドから逆転2ランホームラン。


こういう時こそ 思いっきり感情を表して大喜びしてもらいたいと

ずっと思っていた。

そして 実際 喜びを爆発させた四番打者。



不甲斐ない負け方で横浜に連敗してきて

こんなに絶好の勝ち方の試合はない という今日の終盤。

絶対に負けてはいけない試合に飛び出した最悪のベンチワーク。



2・3・4日と3連投をさせて 中2日とはいえ

先日から 球のキレも全く無い 結果も出ていない投手を

8回の一番大事な場面で投入。

いきなり連打で無死1・2塁。

ヘロヘロの投手をまだ引っ張る。

同点打に四球で満塁。

それでもまだ引っ張る。  何の意味があるのか。

挙げ句の果てに 最悪の被弾。



選手の労も何もかも全てを無にする

史上 希に見る 最悪の采配。



普段 選手に

奮起せよ奮起せよ と 

事あるごとに言っているが。

ベンチが選手の労に報いる采配しないでどうするよ。



今日も 満塁弾被弾の青木高と高橋建を責めるのか?

そんな発言は絶対に許さないからな。





ついでに言わせてもらうと。

こないだから 早い回に失点する投手ばかりやり玉に挙げる野村だけど。

確かに悪い流れを作っているわけだけれども。

それにも匹敵するほど 打線はチャンスに一打が出ていないわけで。

一点一点返していった粘りとか言う前に、

打線、あと一押ししていれば、横浜で3連勝できていたという事実もあるわけで。

そういうバランスを欠いた指揮官だから 負けているのではないのか?

と、疑いたくもなる春からずっと見てきた感想であります。



とにかく結果として全ての責任は指揮官が負うわけで。

そういうところをもっと自覚した発言を望むのです。



スポンサーサイト



2010 前田智徳 全打席 その15
5月7日(金)

相手 : 阪神7回戦  甲子園

投手 : 久保田 (右)

状況 : 代打

回  : 8回表

走者 : 二死二・三塁

カウント: 空振り 見逃しB からの3球目

球種 : フォーク 直 直
      

結果 : センターフライ 

打点 : 0



今季通算

15試合

15打席

11打数 2安打 3打点 打率 .182 四球3 三振1 本塁打1

代打成功率  15-6  .400

1.中犠飛
2.四球
3.見逃し三振
4.三直
5.右本塁打
6.右飛
7.中安打(サヨナラ)
8.中飛
9.四球
10.二ゴロ
11.四球
12.二飛
13.右邪飛
14.一ゴロ
15.中飛

記事
6-5。二死二・三塁。
一点勝ち越し、尚チャンスの場面での登場。
いつも思うのだが、
野村は、何故 二死から代打を起用するのだろうか。
これが、一死の場合の前田なら楽に犠飛で一点取れる場面なのに。
8番倉に代打で充分でしょう。

こういうところの勝負勘が非常に悪い。
只でさえ打てない打線なのに、
ミスミスチャンスを逃しているとしか思えない。



打撃の内容は、ほぼ完璧でしょう。
真っ直ぐ狙いで初球からフルスイング。
相手への威圧感も充分。
真っ直ぐで勝負に来たところをジャストミート。
完全に抜けたと思いましたが。
捕られてしまいました。
最近、良い当たりが続いているだけに
結果が出ないのがもどかしい。