fc2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
マエケンで勝てず。
マエケンで勝てなかった。

確かに痛い。

ただ、神の子 とはいえ人の子でもある。


『マエケンで負けたけど、まあ仕方ないか』 

と、納得できる方法が たったひとつだけあった。

この3連戦の初戦を確実に勝ってさえいれば。 


あの試合、まともな采配で勝ってさえいれば、

今日の敗戦は、そんなにダメージは大きくなかったはず。

返す返すも あの采配で負けた一敗は 

今後、非常に尾を引くのであろうと思う。


昨日の11-5の場面からシュルツを投入することが出来るのであれば

初戦の8回途中から、シュルツの投入は容易だったはず。

それをせずして負けたことを 野村はどう考えているのか。

昨日の試合後に、

『投手はいつもと同じ投球をしてるようでは駄目だ。みんな野球をなめている。』

『野球を軽く考えている。みなさんも見ていたらわかるでしょう。』

という発言をしている。

また、赤松の守備に対しても

『小学生でも分かること。』と、一蹴している。


今日の9回表。

藤川を相手に梵がヒットで出塁。盗塁を決めて二死2塁となった。

ここで打者は当たっている栗原。

阪神ベンチは、すかさずコーチがマウンドへ行き、

藤川のプライドを保つために敬遠の指示を直接言葉で伝えにいった。

一方、我がチームの首脳陣は、

昨日の今井が炎上した3回裏。

満塁のピンチが二度もあったにもかかわらず、

タイムを取って間をあけにいくこともしない。

試合が終わっても、あんな言葉を吐き捨てる。


確かにミスを無くすための厳しい言葉は必要。

が、外に向けて発する言葉では有り得ない。

威厳を保とうとしてるのか、ただのパフォーマンスか、

はたまた カッコ付けか。

そういう発言を聞いた当事者たちは 一体何を思うのか。


尊敬され信頼される人の発言とはどんなものか。

もう一度、野村には考えていただきたい。





今日の試合をいくつか。

石原と小窪の打撃が酷すぎる件。


小窪は なんであんなヘンな打ち方になってしまったのだろう。

小手先でしゃくりこね上げるようなスイングに。

おそらく、自主トレのときにベイスターズの内川の打撃をヒントにしてるとか言ってました。

その影響が強いのでしょう。

軸足に体重を残したまま、バットをボールにぶつけていく感じ。

スローを見ると、内川の打撃に似ている部分が多い気がする。

左手一本で泳がされたようなスイングもやけに目立つ。

昨年までのようなシャープな振りの方が、
小窪には合っているような気がしてならないのですが。

今、結果を求められている中で そういう理由で打てないのは

良いものをもっているだけに、勿体無い気がしてならないのです。



そして、石原。

いつも思うのですが。

この人は、初球だろうが追い込まれていようが

スイングの軌道は真っ直ぐのタイミング。それでも振り遅れてファール。

変化球が来たら当てるだけのファール。

配球を読むとか何とかというのが全く感じられない。

こんな選手がプロ野球の一軍で打ってるのが少し疑問。



そんな打撃なので 極端に不振。そのためスタメンを外されていたように思うのですが。

何故か、マエケンの時には出てくるんですよね~。

で、4回表、二死満塁に回ってきた打席。

アップアップの今季初先発の鶴に対して。

0-1からの真ん中の真っ直ぐをなんと、ハーフスイングでファール。

まずこれが信じられません。

真っ直ぐを狙っていたなら狙ったようなフルスイングをすべきだし。

その後、ボール ボールで1-3のカウントに。

相手は苦し紛れの真っ直ぐを真ん中低目に。

ここでも、弱弱しいスイングでバットに当てるのがやっとのショートゴロ。

相手の状況と自分の状況を考えたら、粘って粘って何とかする といったような

勝負に対する意識とか状況判断といったものは無いのでしょうか。

仮にも捕手と言うポジションなのだから。

そこで、昨年の石井琢朗のように『打てないなら四球で』 

というような思慮は無いのでしょうかとすら思ってしまいました。

そこで1点取っていれば、鶴はガタガタと崩れ去っていたでしょうね。




そんな不振の二人を思いながら見ていた今日の試合でありました。







スポンサーサイト



2010 前田智徳 全打席 その16
5月9日(日)

相手 : 阪神7回戦  甲子園

投手 : 藤川 (右)

状況 : 代打

回  : 8回表

走者 : 二死一・三塁

カウント: 見逃しS 見逃しB からの3球目

球種 : フォーク フォーク フォーク
      

結果 : ライトヒット (タイムリー) 

打点 : 1



今季通算

16試合

16打席

12打数 3安打 4打点 打率 .250 四球3 三振1 本塁打1

代打成功率  16-7  .438

 1.中犠飛 
 2.四球 
 3.見逃し三振 
 4.三直 
 5.右本塁打 
 6.右飛 
 7.中安打(サヨナラ) 
 8.中飛 
 9.四球 
 10.二ゴロ 
 11.四球 
 12.二飛 
 13.右邪飛 
 14.一ゴロ 
 15.中飛 
 16.右前打 

記事
2-4。二死一・三塁。
一発出れば逆転という場面。

今日は試合の途中で外出したので
カーラジオでの観戦中でした。
実際に映像をみていないときに限って
こんなタイムリーヒットだなんて・・。
久々の安打。そして久々の打点。
打撃の内容は安打は出なくとも良い感じだったので
ようやく結果が出てひと安心。




打撃の内容は。
相手の藤川が意表をついたのか
3球連続でフォーク。
そんな球を前田さんが見逃すはずもなく
見事にタイムリーヒット。
これも貫禄と言っていいでしょう。
久々に結果が出たと思ったら交流戦に突入するための
インターバルに。

この好調を保ったまま交流戦でも暴れまくってもらいたいものです。
ということで、
敵地でのDH出場はあるのでしょうか。
足の状態もあるでしょうが、是非とも4打席5打席を見てみたいものです。