fc2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
無双は続くよどこまでも~
今日も カープファンの期待を一身に背負って

マエケンの無双は続きます。


ほんとに あの投球リズムは気持ちええねえ~。

ストライクが ストンストンキャッチャーのミットに決まって行きます。

内外角に投げ分けて。

空振り取りたい球。

ファール打たせたい球。

併殺取りたい球。

ズバッと三振取りに行く球。

投げる前から予想すらできそうなくらいに。


序盤は それでも ちょっとズレが生じていたのかもしれないけど。

大量リードをもらったら もうこっちのもの と言わんばかり。


マエケンの投げる日は 打線が沈黙の日が相当長かったですが。

これぐらい打ってくれると、試合が物足りないくらい安心感がありますね~。


とはいえ。マエケンも中5日の投球が続きます。

シーズン一年は非常に長丁場。

ベンチもそれなりに考えないと。

9回1点取られたとこで交代も有りかと思いましたが。

まあ この首脳陣にその考えがあるはずもなく。

マエケンも悔しい1失点の落とし前は自分でつけたかったかもですね。





そんなマエケンを、今日は早々と援護。

初回 栗原。

4回 6回は 小窪。

8回は 前田さん。

いいタイミングで得点しました。


前の試合で少し心配した栗原ですが、

チャンスで軽打の先制タイムリー。

小窪は、四球連発の後の初球の甘い球を痛打。走者一掃2塁打。

その後の走塁は×でしたが。



そんな中。

同じく心配した赤松が、ちょっと雑な打撃を繰り返してしまいました。

ここで少し引き締めて修正を。



そんなチームですが。

どうやら監督さんは、投手陣にスクランブルを厳命されたとか。

え!! まだ5月の20日過ぎにスクランブルですかい?

まだ梅雨もやってきていませんけれども。

大丈夫なのかどうなのか。

まあ この調子でいけば 

本格的な夏を迎えた頃に軍隊は疲弊しきったりしていませんかね。


また、投手陣にスクランブルをかけるほどの臨戦態勢ならば。

3番センター天谷くんを、何とかしなければ。

あそこで打線が完全に途切れては、得点能力半減の状態はまだまだ続きますぜよ。

そこを我慢するだけの余裕があるチーム状態ならまだしも ですよ。

そういう投打のバランスを欠いた発想と指示が、

シーズン序盤からずっと続いているようで どうにも解せません。

代わりがいない という一言では片付けられない状態だと自分は感じますけど。



それからそれから。

昨日 何ヶ月ぶりかに実戦登板復帰を果たした大竹について。

早速 大野 野村 両首脳が発言をしているわけですが。

「一歩前進でしょう。今後も調整して段階を踏んでいくことになるが、メドは立った」by 野村

「次は7、80…100ぐらいまでいけるかもしれない。焦らせることはないが、

この先(調整登板が)もう1試合なのか、2試合になるのか、話しながらやっていく」by 大野



病み上がりでようやく50球の実戦を終えて その後の肩の状態も確認しないままで

なにゆえ、そんなに焦るかな と。 そんなに 楽観的かな と。

エース級の投手を そんなに一つの駒のごとく扱うかな と。

チームを預かる立場の人間として、

もう少し 多角的な見方ができないものかと。

3ヶ月以上離脱した選手が、肩が完全に癒えたかどうかわからない投手が

あと1試合2試合で一軍の試合で勝てるレベルの投球に戻れるのか。

焦って取り返しのつかないことになるのだけは ほんとに勘弁ですから。

先発いないのはわかるけど。

それを 今の大竹に背負わせるには荷が重過ぎますぜよ。






そんな思いを抱きつつ。

明日は どうやらプロ初先発の相沢くんが登場するようです。

もう あれこれ考えずに 結果を気にせず思いっきり行ったらそれでええ。

そこまで重荷を背負わんこと。

ゆっくり見させていただきます。







スポンサーサイト



2010 前田智徳 前打席 その21
5月21日(金)

相手 : ソフトバンク1回戦  ヤフードーム

状況 : スタメン


今季通算

21試合

28打席

24打数 7安打 6打点 打率 .292 四球3 三振5 本塁打2

得点圏打率  10打数2安打 .200  3四球 1犠飛 

代打成功率  19-7  .368




本日の成績は




[2010 前田智徳 前打席 その21]の続きを読む