FC2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
大竹もジオも初勝利
昨日 今日と西武との試合。

これで交流戦も終了。

そんな試合を連勝で締めくくり。

前節のロッテ戦から3連勝。


昨日は5回まで、今日も途中からしか見れていないのですが。


大竹、ジオが共に今季初勝利。

結果が出たことにひとまず安堵ですかね。


大竹の投球を見ましたが、真っ直ぐが140キロそこそこで変化球のキレもいま一つ。

制球もままならないという、歯痒い内容。

しかし、なんでだか、西武打線があと一本を放つことが出来ずに、

終ってみれば 初回の2失点のみ。

123球を放っていますし、じっくりとアフタケアだけはして欲しいものです。



ジオには、正直あんまし期待はしていませんでした。

これまでの実績から、80球肩は確定と思っていましたし。

しかし、こちらもブラウンに一発を浴びた以外は失点なし。

西武打線のまずい攻撃に助けられた感も否めませんが。

6回を1失点で切り抜けました。

ジオも結果が出たことで精神的に楽に感じて、安定した投球を見せてもらいたいものです。



今日の試合のポイントは、

ジオをリリーフした青木高の立ち上がり、最初の打者ブラウンが放った

センターに抜けそうな当たりを東出が飛び込んで止めてアウトにしたプレー。

おそらく、あの打球が抜けて無死一塁になっていたら、

精神的にカッとしやすい いつもの悪青木が登場してたことでしょう。

ほんとに大きなプレーだったと思います。



そんな中。

栗原の骨折で代役として4番に起用されたヒューバー。

なにゆえに得点圏打率が000の打者が4番なのかが理解不能ではありますが。

今日のような一か八かの一発のみを期待されての起用でしょう。

ここ何試合かは下位打線に効果的な一打がでているのでそれでもよいのでしょうけど。

この下位打線の確変が終了したとき、この4番が本当に頼りになるかどうか。

これが、今後の浮沈をうらなうことでしょう。

というか、今日の事故ムランも西武バッテリーの完全な配球ミスですからね~。

唯一、そこしか打てないインコースの真っ直ぐしまも低目を投げてしまうという。

外に逃げるカーブかスライダーか投げとけば、2-3というカウントですし、

9割方、三振をしていたでしょうにね。

岸にしたら、悔やみきれない一球でしょう。

その他の打席では、いずれも走者を置いた好機に三振にPフライ。

内容が、全く以前と変わっていないので、今後も事故ムランぐらいしか

期待はできないと思っておりますが。

その事故ムランが良いとこで出るのを祈っておきましょう。



交流戦がおわり、通常ペースに戻って、6連戦も増えてまいります。

先発投手が間違いなく足りません。

明日なき戦いは続きますが、何とかマエケンを楽に投げさせてやりたいですね~。


何と言っても最後の砦なのですから。

新たな救世主は現れてくれるのを祈るばかりです。








スポンサーサイト