FC2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
2010 前田智徳 全打席 その34
6月23(水)

相手 : 阪神9回戦  米子

状況 : 代打


今季通算

34試合

51打席

47打数 12安打 12打点 打率 .255 

四球3 死球1 三振9 本塁打2

得点圏打率  22打数5安打 .227  3四球 1犠飛 

代打成功率  28-10  .357




本日の成績は
[2010 前田智徳 全打席 その34]の続きを読む
スポンサーサイト



大竹と岸本が心配。
今日の試合は、

まぁ 前から言っているように

いきあたりばったりで投手をつぎ込んでいる時点で

結果は明白でありましたね。


この首脳陣が 改心して

投手の役割分担をしないかぎり

あと何年やるつもりか知りませんが

この状況よりもよくなることは有り得ませんからね。

投手陣のシステム確立。これしかありません。




で、

先発の大竹なんですけど。

真っ直ぐが140キロそこそこで、痛打のアラシを浴びていますが。

復帰してから3試合。ずっとここから良くなる気配がありません。

150キロを連発できる力を持っていた投手だけに、

こんな大竹を見るのは ほんとうに忍びないです。


このまま肩の不安を抱えたままの状態で無理矢理登板させていけば

来季、いや今季の後半戦には本当に再起不能に陥ってしまうのではないのかと

不安でしょうがありません。


尻を叩いてでもやってもらう と豪語した 大野が憎すぎます。



それから、今月の初めころに2イニングを含む4連投をさせられて

しかもボロボロの結果を出すしかなかった岸本ですが。

6月10日のロッテ戦以来、全く登板がありません。

出てくる場面は多々あったにもかかわらずです。



ここまで出場がないというのは異常だと思います。

これもまたイヤ~な予感がしますね~。

肩や肘に何事もなければよいのですけど。



というような訳で、

無能のコーチは 

『失点したのは結果論』 (自分の選択は間違っていないの?) とか、

『打線がせっかく逆転してくれたんだから、投手がしっかりしてくれないと。』 とか。

もう聞き飽きたコメントを垂れ流してくれております。


現状の打開策はなんなのか。

もう6月も下旬ですぜよ。


今のやり方が間違っていることに

ええかげん 気づけよ ナ。