FC2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
前半戦終了。
本日で前半戦を終了。

オールスター期間に入りました。



ここ最近。試合を見る気力がないというか。

まったく湧いてこないというか。

カープの野球自体に魅力を感じなくなりました。

勝っても負けても普通というか。

野村のつまらないところばかりが目について。

折角のいいプレーも喜び半減。

一番好きだったものが 一番好きではなくなった。

この悔しさをどう表現してよいのか。




昨日の試合後の東出のコメント。

「我慢しかない。僕らはバラバラになるわけにはいかない。そうなるのが一番嫌だから」



こういう言葉が出ること自体・・・。

もうバラバラ寸前のところまできてるということでしょう。





もう序盤の時点から、何十年ぶりの不名誉な記録を連発。

ここにきて 球団創成期にも成し得なかった球団ワースト記録を更新。

こんなニュースを毎日見せられりゃ、

こっちだって 見る価値を見い出せなくなるのも当然か と。




弱いときにこそファンがバックアップを。

弱いときって いつ?

もう20年近くずっと弱いんですけど。

これでも ファンは 無条件に

見返りの無い愛をそそがなくてはいけないのでしょうか。






でも。そうは言っても 野球は好きなんですよね~。

野球好きには変わりない。


ほんとに どうしたらいいんでしょうかね。







そんなことを思いながら 今日も試合を眺めておりました。



野村が降板した篠田の横に座って何やら語っていました。

しかも。

横に座っているから目を合わせることなく。

こういう態度がいちいち気に入らん。

真剣に話すときは、正面切って相手の目を見て話す。

でないと、真剣さが伝わらないと思うんだけど。




篠田の心の声が聞こえた気がした。

また説教かよ・・。




7回途中2失点。

好投したときくらい 

ナイスピッチング!! の一言で激励してやってもいいんじゃないん?




4点差を守るため、7回の守備から4番ヒューバーに代えて木村を守備固めに投入。

9回、打席が回ってきた。

同じく4点差。

ここで 何と! 守備固め木村に代打石原。

この監督さんは守備固めという言葉の意味を知っているのか。

代打出すなら、そんなにもっと点が欲しいなら、4番を7回で引っ込めるなよ。




結果論ではなくて。

そんな守備固めの後に入った天谷のとんでもないプレーから9回に失点。

しかも。

4点差にもかかわらず、外野手を前進守備指示。その頭を越されて失点。



いつぞや、赤松が同じような場面で頭を越されて

『野球をなめている。』

と言い放った監督。


今日のベンチワークこそが そういう野球ではないのか。





勝ったのに。

そういうところにしか目がいかなくなった。

もう 野球をみるな ということなのか。





結論。


野村の野球は つまらん。







スポンサーサイト



2010 前田智徳 全打席 その46
7月20日(火)

相手 : 阪神11回戦  甲子園

状況 : 代打


今季通算

46試合

63打席

59打数 13安打 12打点 打率 .220

四球3 死球1 三振12 本塁打2

得点圏打率  28打数6安打 .214  3四球 1犠飛 

代打成功率  40-11  .275




本日の成績は



[2010 前田智徳 全打席 その46]の続きを読む