かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大砲論
全く更新もしていない間に

ドラフト会議やら マエケン沢村賞やら。

地上波放送無しの日本シリーズやら。



そんな中で

先日の報道を見て少し思ったことを。





新しくコーチに就任した町田公二郎氏。

秋季キャンプで早速 栗原 堂林 といった選手たちに

熱血指導しているようです。

是非とも この人に期待してみたい。


理由はひとつ。大砲の育成。




無能さんは、100%投手陣の崩壊がチーム低迷の原因だと分析しているようですが。

勿論、それも大きな原因であることに異論はありません。

が、それに匹敵するくらいダメダメなのが

長距離打者が不在であること。

とにかく、ここ一番の場面 一振りで局面を打開できる打者がいない。

この役割を外人に頼っているのですが、

この外人が はしにも棒にも・・・・。




そんな現実に目を背けるかのように。

ことあるごとに 

カープらしい野球。 ウチらしい野球。

そう。 足を使った野球。


そんなものが、所詮、本線であるはずもなく。

一本 すじの通った主軸が機能してこその 機動力野球でしょ。




というわけで。

そもそも チームの方針として、大砲を育てる意志があったのかどうか。 と。


試合中のコーチのコメント等でよく聞く言葉。

『センターを中心に。』

まあ、基本的には間違っていないんでしょうけれども。

多分、こういう方針が蔓延しているので、

たとえ4番打者であろうとも そういう打撃をしてしまうんでしょうね。

周りの打者がそうであったとしても、

打点を稼ぐ、4・5番あたりの打者には、一発を期待したいし 

そういう野球をしないとほんとうに勝てないと思うのですよ。

さらに言うと。

センター中心 という概念は、

一応、個人個人 大きいのを打てるのが基本にあって

相手投手の調子がすこぶる良いとか、苦手意識が強い投手だったりして

それを攻略するための一戦術としての応用作戦というなら

まあ納得もするが。



多分、このチームの基本方針が そうなんでしょうね。

だから、それ以上の技術を要求されない。

最初から小さくまとまる安全策の方法。

相手から 恐れられる打線ではないので

相手投手にしてみたら組みやすい相手打線になるのでしょう。



そんなへなちょこ打線を

何とか 変えてくれないかと。 

そういう意味で

町田コーチには期待したいのです。



先日の記事では

飛ばす打撃を伝授しているようですし。



チーム全体が基本に帰って

振り込んで振り込んで 

小さくまとまらずに 

基本の部分である程度は飛ばせる打者になって欲しいと願います。


二軍でも

松山 鈴木 山本芳彦 等いますからね~。


もっと言えば 辞めてしまったけど 鞘師や田中あたりでも

そういう英才教育で 飛ばし屋に育ってもらいたかった気がします。





野村 正田 前田 江藤 ロペス 金本 緒方 西山 

こんな打線 また組めたらな~

今 あらためて見ても 夢のような打線です。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。