かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
凄い打線を回想
さて、トップの写真も変えて心機一転。

今季の応援モードも徐々に整えていきたいと思いますが。



本日は対外試合の二試合目。

日南で西武戦が行われたようです。

結果は またもや敗戦。

6-9 というスコア。

先発斎藤が炎上。

後続の投手もピリッとせず。

良かったのは、ルーキー左腕の川口。

彼のコメントは 至って強気。聞くたびに気持ちがいいですね~。

この気持ちで一軍切符を手に入れて欲しいものです。


しかし、練習試合とは言え、負けるのは気分のいいもんではありません。

意地を見せていただきたいものです。




そんな中。

先日、過去のビデオを整理していたら 1996年8月27日の

ヨミウリ戦の映像が出てきました。

見ながら思い出したのですが、この試合は球場で見ていたのです。



この映像、色んな意味で 物凄かったです。

まず。

スタメンが凄い。

カープ  
6野村 4正田 8前田 5江藤 7金本 3ロペス 2西山 9緒方 1紀藤

ヨミウリ 
5仁志 6川相 9松井 3落合 7清水 8マック 4高村 2村田 1ガルベス  

カープのこんな打線。夢のようなメンバーですね~。

何てったって、打率.282 本塁打20本 の緒方が8番打ってるのが凄い。

しかも、代打の関係で途中 投手の打順となり交代させられていますから。

なんて贅沢な起用法でしょうww

まあ 当時の投手陣は 超絶ボロボロだったのですがねw



さてさて この試合。

先発紀藤が 序盤から炎上。4回までに0-7ととんでもない展開。

当時 ヨミウリ3番の松井秀喜が なんと市民球場ライト場外へ特大アーチ。

仁志 落合にも同じイニングに本塁打。

今の打線ならここでジ・エンドなのですが・・・。

この打線がここで引き下がるはずがありません。

5回裏の攻撃が これまた凄い。

この段階のこの点差で 二死2塁。ここで代打浅井が出てくるんですから。

ほんとに 超攻撃的な作戦。 こんな作戦ができるほどの層の厚さ。

で、きっちりセンター前ヒット。
ここで 野村 正田 前田 の三者連続タイムリーツーべースで4得点。 

その後、近藤投手が出てきて失点。 4-8 に・・・。


しかーし。
6回裏の攻撃が 凄過ぎるぐらい凄い。 圧巻。

金本 四球。 
ロペス ヒット。 
西山がタイムリー2塁打。 5-8。
そして。 代打 高信二。タイムリーヒット。 6-8。
そしてそして。
相手投手が左の河野に代わったところで 
浅井に代わって代打 町田。
三遊間を痛烈に破るタイムリーヒット。 7-8。

ここまで 何と ノーアウト。
残念ながら この後 1-2-3番が凡退で同点ならずだったのですが。

この後。
残念ながら 弱小投手陣。
出てきた投手が 左腕 ワンポイントの小早川-白武。
ここが辛いところしたね~。

そしてそして。
7回裏には。
ロペスが 外の低めに落ちていくシンカーを見事にレフト上段に同点ホームラン。 8-8。

物凄過ぎる打線です。



ビデオを見ながら 何故そんなに凄いのか考えていると。

全ての打者が、初球からフルスイング出来ているのです。
とにかく、狙い球を絞って 
空振りでもファールでもいいからフルスイングできる。
そういう準備が出来ているんですね。
スタメン、代打 にかかわらず。
下半身がどっしりとしていて、ふらつく選手などおりません。

で。ベンチには山本一義コーチですよ。


やっぱし、打者は振り込まなければいけません。
自分のかたちでフルスイングできるだけの自信。

ケース打撃とか言って、
コツコツ腰が引けた打撃をしていたんじゃ埒は明きません。。。
自分のかたちがあってこその応用ですよ。


やっぱり こういう試合を見ることが出来れば
自ずと 球場に足を運ぶ気になります。

是非 今年は こんな面白い野球が見れることを臨みます。


こんな回想をしながら 
今年の試合も楽しみに見ていきたいと思ったのでした。








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日曜日に広島から日南まで行ってきました。まず、驚いたのは打撃陣の仕上がりの良さ。今キャンプでバットを振り込んだおかげか野手全員の打球が強く、ライナー性の当たりが見られました。特に石原・倉なんかが良い当たりを連発していました。前田さんは格が違うといった所です(笑)。体調もよい感じがしました。投手陣では梅津・今村がよい感じでプルペンで投げていました。共に故障上がりだけに大事に開幕へ向かってほしいです。しかし練習試合で1つだけ気になったことがありました。ピッチャー陣が大量失点したのはもちろんですが、キャッチャー白浜です。打つほうは、かなり良い感じですが、守備のほうが気になりました。スローイングなどは問題ないのですがキャッチングの際のミット音があまりにも悪い。途中で受けた会沢のミット音やベンチ横で響くプルペンキャッチャーの音はかなり良いのですが、なぜか白浜の音は悪いのがほとんど。8失点したのはもちろんのことキャッチング辺りもしっかりやらないと。
もう何年も燻っている選手だけに頑張って1軍キャッチャー陣を脅かして欲しいものです。なんか長文になってしまってすみません。また、気になることや選手などがおりましたら、コメントさせて頂きます。
良いコメント待ってます。
2010/02/22(月) 15:58:26 | URL | ヤマゴン #-[ 編集]
>ヤマゴンさん
コメントありがとうございます。
キャンプ観戦お疲れさまでした。
ベテラン野手組は別働隊で練習だったのでしょうか。
前田さん元気そうで何よりです。
今年は開幕からマツダスタジアムで活躍する姿を見たいです。
打者は今までどころではないくらい振り込んでいるようですね。
やっただけのものは結果として表れますね。
何故か、野村監督は白濱を抜擢してますよね。昨年なら一軍の光さえ見えなかったポジションだったのですが。
ミットの音ですか・・。これは以前黒田が倉に対して音が悪いと怒りをあらわにしたことがありましたね。そういうところも勉強ですね。
現状では、倉・石原・会澤に続く位置だと思うので、何とか成長してもらいたいですね。

2010/02/22(月) 21:07:23 | URL | よしだけんた@管理人 #l/ttz0CI[ 編集]
あのころの打線はすごかったですね。
反面、エースが紀藤というのも、弱体投手陣を象徴してました。
せっかく投手陣がよくなってきましたから、また夢のある打線の復活を望みます。
2010/02/23(火) 11:46:48 | URL | たく #-[ 編集]
>たくさん
コメントありがとうございます。
ほんとあの頃の打線は凄かったです。
投手陣は、悲惨の一言でした・・。
考えてみれば、ロペスも最初がダメ外人のレッテルを貼られていましが、あの大化け。
今年の外人もそれくらいの活躍をしてもらいたいものです。
2010/02/23(火) 23:53:12 | URL | よしだけんた@管理人 #l/ttz0CI[ 編集]
再投稿すみません。
ダメ外人というか、全然期待してなかった外国人選手の代表として、ロードン・シーツもいますね。
ライトルも元々守備の人という見方だったような気がします。

逆に期待してたのにダメだった代表が、ハーストですかね。
ヤングとか「球団初の現役メジャーリーガー」とか言われてましたけど。
シーボルはどっちの部類になるんでしょう(笑)
やはり外国人は、やってみないとわからないですね。
2010/02/24(水) 12:05:25 | URL | たく #-[ 編集]
>たくさん
続いてありがとうございます。
ちょっと表現を誤りましたw
ダメっていうより期待薄でしたね。
シーツは大きく化けました。
その後については。。。
ロードンはいきなりの大活躍でしたが、二年目は別人のようなだめっぷりでした。
ライトルの評判はあんまし覚えていませんが、結果は自分の中では史上最強助っ人ですね~。

見かけ倒しのハースト。
浩二新監督の目玉として肝いりで入団したスイッチヒッターのヤング。
シーボルは間違いなく・・・w

是非、フィオ、フューバーが当たりであってもらいたいです。
2010/02/24(水) 21:01:01 | URL | よしだけんた@管理人 #l/ttz0CI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://carpyasanhonpo.blog27.fc2.com/tb.php/1179-21deaeb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。