かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オープン戦3・11 観戦しましたよ~

対福岡ソフトバンクホークス  C 5-6 SH  広島

3月11日 観戦本日も 球場に行ってまいりましたよ。めちゃ暖かかったっす。オマケに花粉も猛襲来でした・・・(涙)

今日は わいわいやりながら観戦していたので、詳しい内容を覚えていませんので、気付いたことを ぼちぼち書きます。

まず キャプテン前田。やってくれました。今季第1号HR。右中間の一番深いところ。そして、一二塁間突破のヒットと、レフトへの犠牲フライ。ひとまず安心です。

そして 広瀬。昨日は、チャンスで一本が出ませんでしたが、今日はやってくれました。一時は一点差に迫る、レフトへの2号2ランHR。そして、ライトへタイムリー。 ライトから内野へ返球する送球は、見るべきものがあります。

山粼浩司 今日からスタメン復帰。守備で一ついいところを見せました。一死1塁から ボテボテのゴロを捕ってそのままベースタッチ、そのままジャンピングスローでゲッツー!! やっぱり 守備はおまかせですね~。このプレーで、思いっきり転んでしまったので大事を取って交代しましたが・・。

途中出場のキムタク。きっちり2打数2安打。出たときは仕事します。準備がチャンと出来ているのは、感心させられます。

そんな中、コング と命名された栗原健太・・・。 いいとこなしですよ・・。 チャンスで2度ゲッツー・・。ガ・ン・バ・レ!

先発 大島 。 同じ打者に2打席連発は・・。

しかし 途中から2回を投げた建さん。遠めにも、良かったっすよ。球のキレ伸び申し分なしでしたよ。中継ぎエース確定!?

ゲーム内容とは違いますが、ベンチを双眼鏡でウォッチングしてたら、チャンスで2度併殺打の栗原、前田主将 マーティー監督が、3人でじっくり話してました。そのあと、前田が栗原を呼んで、かなり話し込んでました。

そのあと、前田が 通訳を交え真剣な表情で監督と議論。監督、試合中にもかかわらず、グラウンドに背を向けて、前田の話を聞いてました。そのあと、前田は、ベンチ裏入り口の所に、通訳だけを呼んで、尚も話し込んでました。かなり真剣な表情で何を話してたのか、気になるところです。

そして、夜帰宅して、試合のビデオチェックしたところ、監督の気になる発言が・・。

1番緒方2番前田試合中のインタビューで、アナが、1番緒方 2番前田 の打順について、本シーズンに入っても在り得るのか? という質問に、

『それは、ありえる。嶋 新井 栗原 の前にランナーをいかに置くか、ということ。緒方、前田の出塁率の高さを考えると 十分にありえる。』

 

とのことです。驚きました。 緒方 前田 のベテランの調整段階の策だとばかり思ってましたが、実は 本気みたいです。恐るべし ブラウン流。

追記・・ マーティーさんのインタビューで

1・2番のスピードについては あまり関係ない。とにかく出塁率だ。

とも言ってました。

3/12 追記・・新聞記事にもなってました。

「2番前田」試運転上々 (中国新聞)

広島"緒方1番 前田2番"超攻撃的オーダーあるぞ!!(スポニチ)

“孤高の天才”広島・前田がキャプテン就任後初の本塁打!(サンスポ)

前田キャプテン 泣かせてくれます。 ~サンスポ記事より~

広島での現役時代、一緒にプレーしたブラウン監督が天才打者の変貌を認めている。今キャンプの紅白戦では、好投した大島に歩み寄り、「ストライクをポンポン取っていくと打者は嫌なもんなんよ」と諭していた。

指揮官が適性ありと見る『2番・前田』の構想にも順応しようと必死だ。「弱いわけやから、なんか変えんと。そのために俺が犠牲になるならいい。それで上に行けるかわからんけど。俺がおらんようになった時のことも考えないといけん」。

孤高の天才がキャプテンとなってからは、フォア・ザ・チームの精神に溢れている。17年目のベテランは後ろ姿でチームを9年ぶりのAクラスへ押し上げる。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://carpyasanhonpo.blog27.fc2.com/tb.php/1277-22592617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。