かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いきいき

C 6-2 YB   横浜17回戦   10勝5敗2分

昨日の報道に、選手たちも心なしかいきいきしているように見えたのは自分だけだろうか(笑)

先発大竹は、いつもどおりの四球のあとの一発で先制を許す。が、今日はその後がまるで別人。ちぎっては投げ の超高速テンポで後の回を無失点。野手も守備で好プレーを連発。山崎・前田が、大竹を助けた。

打線は、斉藤隆を、打てそうで打てない状態で、7回を迎え、2死満塁から頼れる4番ラロッカが、追い込まれたあとしぶとくライト線に同点打。横浜の守備も乱れ、一気に逆転。どっかのチームがよくやらかすパターン(苦笑)

とどめは、前田智徳!!

前田流し打ち!やってくれました。4試合連発の第29号2ラン。2ナッシングと追い込まれたあと、外のまっすぐを完璧にミートした打球はレフトポールを巻いた。ベンチに座る前田は、最高に満足そうだった。久々のお立ち台かと思ったが、さすがにそこまでは・・。

 

 

 

 

が、今日もでました。超凡ミス。

7回裏、2死1・3塁打者嶋。ベイのホルツが、6球連続1塁に牽制した後、ホームに投げた球は、バックネット直撃の暴投で四球。そこで、当然ホームインしているはずの3塁走者森笠は、3塁ベースに棒立ち・・・。こっちも思わずあっけに取られたが、お粗末だ・・。 解説の達川は、『突っ込まなかったのは失敗。だが、躊躇のあと、取り返そうとして無理をすると2重の失敗になるので、2回目に留まった勇気は認める』 と、わけの分からないフォローをしてたけど・・。このプレーには、どんなフォローも必要無いでしょう。

 

市民球場上空は、ライトからのまさに秋風。さみしいかぎり。来年の今頃は、新監督の下、熱い戦いが続いていることを願う。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://carpyasanhonpo.blog27.fc2.com/tb.php/1531-649e2dea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。