FC2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
6/26 現状考察
昨日は カープのことを考えると心も曇る。。と、現実を逃避しておりましたが、
早くも禁断症状ですよww
2日も試合が無いと、否が応でもカープのことを書きたくなってしまいますww

で、本日の中国新聞朝刊から。
木村雅俊さんが、『赤ヘル天気図』 というコラムの中で
『打開の鍵は日米融合』というタイトルでマーティー流指導法の現状を分析しています。
要約すると、外国人監督のロッテ・日ハムの最近の強さの要因。

以前は、両チーム共にBクラスの常連だったが、なぜ、常に上位を争うチームに変貌を遂げたか。
バレンタイン・ヒルマン両監督共に、最初は現在のマーティー同様に米国流を貫いた。
しかし ヒルマン監督は、3年間のチーム作りを総括し4年目から日本流への大転換を図った。
投げ込みも解禁、練習時間を増やし、指導の主導権もコーチに委譲。
翌年、日本一に輝いた。


そこを、現在のマーティーと比較している。

マーティーは、他の監督よりも非常に指導熱心で熱血漢。
だが、そこが弱点に見える と。
熱心がゆえに、全てを独占。他コーチに指導を許さない風潮を生んでいる と。


自分には、内情を知る術はありませんから、どの程度の独裁ぶりなのか知る由も有りませんが。
コーチが指導できないとなると、一体、何のためにベンチに座っているんでしょうか。
要は、打撃練習の球拾い?ティー打撃の球投げ役?守備練習のノッカー役?監督の指示の伝達役?
こんなことだけやってるんなら、バイト君と通訳だけで十分でしょ。

4月の段階で、昨年も含め初めて小早川コーチが試合中に独断で円陣をくんだという記事がありました。
そして、先日24日の楽天戦では、小早川コーチではなく永田コーチが円陣の中心にいました。

そして 木村さんは 

米国流一辺倒に選手は戸惑い、コーチはアドバイスを送れない という現状で この惨状に至っていることに マーティーなら気付くはずだ 

と、結論付けています。

ここまで 壊滅してしまったチームは 大幅な方向転換でしか打開の道は無いと思います。
が、選手と監督の十分なコミュニケーション無しでは、
コロコロ方針変えやがって! とか、言ってる事とやってることが違うよ!!等、
新たな誤解と不信感を生みチームは完全に崩壊する危険があります。
ここは、監督が十分選手に説明し方向転換を選手に理解してもらう必要があります。
選手も現状のままでいいはずはありません。
自分たちも、不甲斐なさを首脳陣のせいばかりにするのではなく、自覚を持って巻き返しのために全力でぶつかってもらいたいもんですよ。

それには、キャプテン前田さん!!
自分の足の状態もあるでしょう。打撃の調子も悪いでしょう。
しかし、まずは、チーム、特に野手陣をまとめる求心力を発揮してください。今こそキャプテンの力が必要です。今こそチームのために一肌脱いでください。


そんな中 本日スポーツ各紙に
 広島・ブラウン監督「続投決定的」オーナー明言 (スポニチ)
というような記事が出ました。
色んな意見があるでしょうが、自分はこの流れでいいのでは と思っています。
それには、上記のような改革が必要であることが条件ですが。



と、久々に冷静に現状把握と今後の展望を考えてみました。
金曜からのヨミウリ戦、アレックスも登録されるようですし、
絶対に、勝ちに行って後半のいい流れを作って欲しいものですよ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
こんばんわ!!
初めまして、masaさんのブログより、巡ってきました!!
現状のカープを考えると厳しいですよね・・・
チームがバラバラな感じがしますもん・・・

監督も続投するみたいだし、また、チームが結束して、一からやり直しでしね!!

期待したいです!!
2007/06/26(火) 21:45:42 | URL | kuroneko #-[ 編集]
こんばんは
よしだけんたさんも同じ記事をブログに書かれていましたね

あの記事はすごく今のカープを顕著に書かれていたので 自分もブログに書いちゃいました 

自分もよしだけんたさんと同じ意見です 

本当に大幅転換以外に今のチームが上位に行くすべは無いと思います もう一度ALL-INを何なのかを見直して 金曜から再出発してくれるのを願います

 自分もマーティー続投は賛成ですが フロント・スタッフの続投は再考願いたいですね

 またよろしくお願いします。
2007/06/26(火) 22:35:42 | URL | エイジクン #-[ 編集]
>kuronekoさん
こんばんは。はじめまして。コメントありがとうございます。
かなり大幅な変革をしないと難しい気はしますが、
まだまだ先はあるので、諦めないで戦ってほしいですね。
今後ともよろしくお願いします。
2007/06/27(水) 01:03:24 | URL | よしだけんた@管理人 #l/ttz0CI[ 編集]
>エイジクンさん
こんばんは。そちらの記事も読ませていただきました。
まさに大幅な転換が必要だと思います。
ここまで来たら失うものは無いので、思い切った策をとってほしいです。
まさに、おっしゃるとおり、今こそホントのALL-INですね。
2007/06/27(水) 01:06:14 | URL | よしだけんた@管理人 #l/ttz0CI[ 編集]
近年中日が強いと言われています。名古屋在住なので1番野球を見る機会が多いチームです。そこで感じたことを書きます。
ウッズ加入前は福留しかホームランを期待できないチームでした。
それでも優勝しました。
投手王国というだけあってタレント揃いです。しかしいくら投手が良くても1点取らないと勝てません。接戦に強かった!1点をあらゆる手段で取りに行ってます。
2007/06/27(水) 19:39:17 | URL | ぶっさん #-[ 編集]
つづき
何が違うのかと考えたところ
1.センターライン強化←あの2遊間は敵チームながら惚れます。現在カープも育ててます。
2.走塁面←OUTになってもいいから次の塁を狙う姿勢。最近カープには感じません。
3.ランナーが出たときの対応。←中日は意外とエンドラン、犠打は少ないチームです。ランナー2塁でのセカンドゴロすなわち進塁打が目立ちます(特に井端)
落合監督に変わってからこの3点が徹底されてきたと感じました。
↑これみんな昔のカープ野球じゃないですか?
FA.ドラフトで即強化できない現状ならば原点に立ち返るのが手だと思いました。
2007/06/27(水) 19:48:24 | URL | ぶっさん #-[ 編集]
>ぶっさんさん
コメントありがとうございます。
中日をあまり見る機会はありませんが、印象はとにかく投手陣の層が厚い。そして、どの投手も145キロ以上の球速がコンスタントに出せる。と言った印象です。
そして、挙げられた3点。たしかにその通りですね。
二遊間はいうまでもありませんね。
自分の感想としては、一番違うところは
得点圏に走者を置いてからの打撃内容だと思います。
ここぞという時に一発が出たり、土壇場追い込まれt場面での一打。
カープの選手に一番足りない部分がそこだと思います。
大量点差では一発が出たりしますが、緊迫した場面では出る雰囲気が全くないですよね。
ここが解消されたときホントの強いチームになるような気がします。
それが、アレックスであれば と、祈るばかりですよ。。
2007/06/27(水) 23:12:11 | URL | よしだけんた@管理人 #l/ttz0CI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://carpyasanhonpo.blog27.fc2.com/tb.php/494-d1d8428c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ネタ的には昨日のことになるが,史上空前の大惨敗を喫した今年の交流戦の総括が,中国新聞に掲載されていた。その内容を見て,正直愕然とした。※購読されていない方,広島県外の方はこちらから。まずはこのくだり。引用となるのはお許しを。>打撃陣が相次ぐ初顔の投手に..
2007/06/27(水) 22:44:51 | ろー・ふぁーむ・かるぴおbypridegreen
やはりゲームがないと 負け込んでても 寂しいですね 今 J-SPORTSで横浜がまた勝ってました 負けないな 本当ならカープが こうした勢いが欲しかったと悔しく思います さて 今日の地元の中国新聞の記事に惨敗の交流戦統括がされてます 昨日自分も書きました
2007/06/26(火) 22:36:18 | 広島ウォーズ
広島ブラウン監督続投!松田オーナー明言(ニッカン)ヒルマンになってくれ! 広島松田元(はじめ)オーナー(56)が25日、1年契約を結んでいるマーティー・ブラウン監督(44)の来季続投を明言した。2年目の今季は交流戦で借金13と失速。ただ「結果より中身が大
2007/06/26(火) 22:00:16 | 赤ヘル伝説~♪