FC2ブログ
かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
9/9 1点差の凡戦。。
横浜20回戦7勝13敗 通:50勝70敗2分 広島市民球場
観衆:17590人 累計:1006855人 1試合平均:16240人
CARP 3-4  BAYSTARS


昨日書いたとおり
本日の観客17590人。早くも100万人を突破。
地元あと9試合。2000年以来の110万人突破なるでしょうか?
と言っても、当時は最近のようにほぼ実数を発表するような状況ではなかったので、
球場の雰囲気は今年のほうが本当に入ってるという実感がありますよ。



そんな 燃えるスタンドなのですが、試合のほうは、、、。

先発大竹が、今日も元気のないベイ打線に助けられた感アリアリの中、
7回まで持ちこたえ、3失点。5安打1四球という内容ですが、
感覚的にはボロボロの印象ですよ。不思議でならん。。。
何でか?と考えるとき、
マウンド上のあの自信のない不安な表情がそういう印象にさせるんですね。
それでもプロの投手か!?と、喝を入れたい気分でしたよ。
そして、今日の先発捕手は案の定の石原。
この目力のないバッテリーが、こっちを余計にイライラさせてくれましたよ。

打線は追い詰められた9回二死から粘りを見せて、
クルーンから一点をもぎ取り延長戦に。
しかし、6回以降毎回の得点圏走者を返せない時点で
この結末は必然なんでしょう。
再三のお粗末な外野守備で、沢山得点してもいいですよ! 
と、言わんばかりの横浜さんに、遠慮のかたまりの我がチーム。

これが目標の無くなったチーム同志の戦いなのかと。

しかし、今日も横山-青木勇-永川のリレーで防戦を図りました。
規定路線ができたのは嬉しいのですが、横山・青木共に故障の不安を持ってるので、
くれぐれも、無意味な酷使だけはやめて欲しいですよ。
先日のヤクルト戦のようにね。。


で、投手起用にはこれだけの勝負を賭ける采配ですが、
打線に関しては・・・。もうこれ以上は自重して書きませんよ。
言わずともね、これ以上・・・。


最後にもう一つだけ。
5回裏、無死二塁で打者大竹の場面。
当然、バントで送って一死三塁を作るべきところ。
大竹には何の指示も無く、覇気も何にもなくただ振り回しての三振。
そして下向いてトボトボベンチへ。。。。
こういうファンをなめた采配と選手の態度は、
もうこれっきりにして下さいよ。
見ていて本当に腹が立つ。
以前から言い続けてるが、
こんな一つ一つのプレーを大事にしないから
接戦になった土壇場で競り負けるんだと。

ほんとうに 有るべき姿とは何か、
全員に考え直してもらいたい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
倉と石原のことを良く述べられていたので、最近発見した恐ろしいデータをお教えします。断っておきますが私は倉が好きでも石原が好きでもありません。

2007年データ:カープ先発キャッチャーとチームの勝敗
現在カープは50勝70敗2分

倉: 59試合先発 28勝29敗2分の借金1
石原:63試合先発 22勝41敗の借金19

このデータで注意しなければならないのは:
試合は後半にキャッチャーが変わることもあります、ですから先発キャッチャーの責任ではない試合もあります。倉はエース黒田と殆ど組んでいます、ですから黒田と余り組まない石原には不利、しかし黒田も今年11勝8敗の貯金3。石原は打を優先して起用されてきました(現に石原のほうが今のところ打率は良い)、しかし3割以上打っていたときもチームの勝敗は悪かった、倉は打をそれ程優先されていませんでしたが(2割前半まで一時落ちました)チームの勝敗は五分。石原はチームの得点力が落ちていた交流戦ぐらいからスタメンが増えました、倉は前半戦の4月と5月の自分以外殆どの野手が.250前半しか打っていなかったころ(倉は一時4割)スタメンで多く起用されました。

このデータをどう偏ったふうに見ても借金の差18は異常です。
2007/09/10(月) 00:44:54 | URL | 赤いデータ #-[ 編集]
>赤いデータさん
はじめまして。

貴重なデータありがとうございます。
実際に数字にしてみると、あらためて驚きですね。
あれほど、左右に拘ったりデータに拘ったりする監督が、
この件に気付いていないはずも無く・・。

果たしてその真意は何なのか、未だに理解できずにいます。

以前の記事にも書きましたが、
『打てる捕手』という概念が自分にはしっくり来ません。
捕手はグランドでの監督だ と少年野球時代に教えられました。
それ程、守備面に関して重要なポジションだと思います。
その部分が変わらないかぎり、このチームの浮上は無い とすら感じています。

ベンチから投手の調子や感覚的なものは全て把握できるはずもありません。
その辺のさじ加減を捕手が上手くリードし
いいところを引き出す。
これが 本来の姿だと思います。

エース黒田が敢えて選択する捕手。
これが、全てを物語っているのではないでしょうか。
自分はそう思います。

まだまだこの件に関しては思うところがたくさんありますが、また記事にでもしようと思います。

コメントありがとうございました。
2007/09/10(月) 01:16:21 | URL | よしだけんた@管理人 #l/ttz0CI[ 編集]
レス有難うございます。
石原はけして悪い捕手ではないとは思いますが.....。例えば盗塁阻止率と守備率は若干ではありますが倉より上です。年も若いです。それに今年の倉は肩を痛めているかのように送球がセカンドへとどかない場面が練習中にも見られます。しかしこの歴然の差を見たとき驚いたので、捕手の事を述べていらっしゃるので書かせていただきました。
またこの件に関してはお書きになるときは根強い石原ファンもいることをお忘れにならないようにおねがいします。数々のサイトで殆ど意味のない「石原だ、倉だ!」といった根拠の無い見苦しい議論を数々見てきましたので。
2007/09/10(月) 02:27:27 | URL | 赤いデータ #-[ 編集]
いつもTBでお世話になってます。
カープ試合分析2007の赤ヘルマンです。
捕手のリードについて僕も思ってる点があるのでコメントさせていただきます。

今年の捕手のリードに関しては前半戦はシュートボールを多く使う黒田以外は例年までの傾向とは違っていたように思います。
中国新聞の球炎の木村さんが前半戦に倉と石原の配球についてそれぞれコラムで1回ずつ5/12と7/17に書かれてましてこれは中国新聞のソースで確認できます。

どちらのコラムにも書かれているのが配球に「チーム方角がある」といったものです。
5月12日頃、序盤調子が良かったカープ投手陣が崩れ始めた時期ですが僕も倉のリードに「?」がつくシーンが多かったです。
それはピンチになるとストレート系に偏り、しかも外角中心というものでした。
それで何度も打たれてるのに倉はその方角を止めなかったです。
僕は5/12のこの記事が出るまでこの偏ったリードは倉のものなのかと感じてましたが、この記事でチーム方角であったのかと思いました。
倉の打撃が急激に落ちて来た事もありそこから石原のスタメンが多くなったのですが、石原でもリードスタイルは変わりませんでした。
それが7/17の球炎で書かれています。

カープは現在借金20ですがそれでも交流戦までは勝率5割、後半戦に入ってからは借金1なんですよね。
つまり、交流戦から前半戦終わりにかけて借金19しているわけです。

投手有利と言われる交流戦でカープ投手陣の防御率は4・73と12球団ダントツに悪かったです。
これはパリーグのスコアラーがカープ投手陣の配球を研究して傾向を掴んだ結果だと思うんですよね。
シーズン序盤なんとか通じていた偏ったリードも相手に研究され全く通じなくなった。
そんな感じの交流戦から前半最後までの惨敗期間だったと思います。

ところがこの全く通じなくなった結果からか後半戦に入りガラっとリードが変わってきたんですよね。
最近の試合を見てわかるように、倉・石原共にインコースの攻めが多く見られるうえにピンチ時のストレートに偏る傾向も見られなくなりました。この変化は全体的に感じますが特に宮崎・青木高広の配球で感じます。

これは僕が思うにおそらく捕手が、強いチーム配球方角から開放され、配球を自由に出来るようになってきて出てきた結果なんじゃないかと思います。

まとめますと、前半戦当初は通じていた偏ったチーム方角の配球が、交流戦でパリーグにバッチリ対策をとられた事により全く通じなくなり、同様にその後セリーグにも通じなくなり、借金が一気に膨らんだ。
後半戦になり、そのチーム方角が前半戦終盤のヒドい結果からか消え、捕手にリードの自由が与えられそれなりの結果がまた出るようになった。
こんな風に僕は感じてます。

長文失礼しました。
2007/09/10(月) 06:44:18 | URL | 赤ヘルマン #hy9433ho[ 編集]
>赤いデータさん
再度コメントありがとうございます。

仰るように石原も力はありますし、
認めてはおります。
この辺は、やっぱり好みのもんだいなのでしょうねw
倉の送球ですが、先日の横浜戦でも
なんか担いで投げるような感じになっていましたね。
肩を痛めてるんでしょうか。

私も色んなところで無意味な倉・石原論争を目撃しましたので、
過激な論調は避けています。
今後も自重します。
ご忠告、ありがとうございました。
2007/09/10(月) 18:28:36 | URL | よしだけんた@管理人 #Yse2SnUM[ 編集]
>赤ヘルマンさん
いつもお世話になってます。
コメントありがとうございます。

詳細な分析とデータ、頭が下がります。
ブラウンは最初、選手を大人として扱う と言ってました。そして練習など自主性を重んじていました。
しかし、現在は180度方針を変えたんでしょうか、
配球、打撃の内容、盗塁、etc
全部を自分の管理下において動かしたい という傾向が強いですね。

選手がレベル的についていけないのか
、要求に無理があるのか、
選手は思うように動けないので、困惑が広がり、この成績に・・・、と言った感じがします。

やはり、選手自信が考えてプレーできる状況を作らないと、いつまでたっても上手くはならないでしょうね。
これは、捕手にしても、走塁面にしてもです。
その個性が集まっていいチームができるような気がしています。

どうしても、強かった頃の野球が理想の野球なもので・・・。
何とかいいアイデアはないでしょうかね。
2007/09/10(月) 18:43:44 | URL | よしだけんた@管理人 #Yse2SnUM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://carpyasanhonpo.blog27.fc2.com/tb.php/590-797504bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
9日の広島の天気予報は曇りだったのですが、予報とは異なり前日に続きとても良い天気で暑かったです。試合開始前、目の前の通路をどこかで見たことがある人が通り過ぎました。きっと何かの間違いだろうとメールして見たら、なんと本人ということでビックリ!という訳で、...
2007/09/10(月) 21:46:44 | がんばれ!ネッピー君
広島、観客動員100万人突破 横浜、連敗ストップ  今日の試合は、久留米市野球場に試合を見に行っていたこともあり録画中継をサラッと 見直しただけなのですが、いろいろな意味で惜しい試合だったようですね。  先発の大竹さんは7回を5安打3失点とまずまずの内
2007/09/10(月) 19:28:41 | 問題だらけの日常
引っ越し準備で忙しいのですが、録画しながら何とか観ています。 9/7(金)○ 広島 7-4 横浜 ● >> (Yahoo!スポーツ) 9/8(土) ○ 広島 4-1 横浜 ● >> 9/9(日) ● 広島 3-4 横浜 ○ >> これで今シーズンの
2007/09/10(月) 13:32:05 | mints life
おはよーございます。やばい!寝坊してしまった!ダッシュで短めにカキコ!昨日の巨人阪神戦の壮絶な熱闘に見てる・聴いてるこっちが疲れてしまい、試合が終わってまもなくおちてしまったのはここだけのヒミツ(爆ふ、藤川が!藤川がしんじゃう!10連投の藤川さんを見てそ...
2007/09/10(月) 08:04:25 | 徒然なるままに自然の流れで
広島 3-4 横浜 ~広島市民球場~ 負 永川 4勝 6敗 27S 大竹-(8回表)横山-(9回表)青木勇-(10回表)永川 まあ、こんなもんかな、、、と思った私はひねくれものでしょうか 昨日までの横浜戦、効果的なHRで勝てたけど 今日はあと1本のタイムリーが出ず負けまし...
2007/09/10(月) 07:19:35 | 赤ヘル伝説~♪
試合詳細はこちら。 ~赤ヘル眼~ 木下氏を来季1軍首脳陣に入れるべき シーズン途中から毎試合HDに録画をしているのだが、リアルタイムで試合が見れなかった際に、結果のわかってる試合に対してここまで完璧に録画
2007/09/10(月) 04:44:21 | カープ試合分析2007
●広4-3横○ 情けない・・・。 無駄に延長戦までやって、結局負けたのかよorz これぞBクラスって感じの試合ですね・・・。
2007/09/10(月) 03:04:33 | HTCにようこそ!
勝ちたい試合を 落とした いやここまできたら 勝たなきゃいけません そんなゲームでした まあ諦めてたゲームを 戻した執念はみとめるけど 勝たないといけません 惜しかったじゃすまされない 今日の試合は 延長10回の末 3対4で敗戦 今日の先発は 大竹君 相変わらず..
2007/09/10(月) 00:42:42 | 広島ウォーズ