かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/9 シーズン終了
えー ここ最近 携帯からのアップしかできず
まともに更新するのは4日ぶり。
トラバやコメントいただいていた方、返事が遅れてすいませんでした。



10月7日 神宮でのヤクルト戦を終え 今季の全日程が終了。
昨日、ヤクルトが敗れたため 単独5位が確定しました。

佐々岡の引退登板。古田の引退試合。等々最後にドラマティックな演出があり、
勝ちにこだわりの無くなったチームのエピローグは こういうものなのでしょう。
ファンも選手の功績を讃え、感謝し、お疲れ様という場が与えられるといことは、
ありがたいことです。
と、同時に、片やクライマックスシリーズに出場できるチームは、
同じ時を、大きな目標に向かって戦っています。
こう考えると、ほんとうに寂しい現実でもあります。

今 率直に今季を振り返って感じることは、虚無感 でしょうか。
そこで、これは なぜなんだろう と考えてみた。
結論は、
自分の中で MAXの期待をしていたところに、
2年連続で結果が伴わない。
そればかりか、
現状、来季への展望が見えてこないところまで落ちてしまった、この落差。
ここに生まれた虚無感なんだと思う。

2005年秋、
自分が全く支持していなかった前政権が終焉。
そして、やってきたのが、
この暗黒の全てを変えてくれると全幅の信頼をして向かえたマーティー監督。
1年目の2006年は 方針として、チームを見極めるための選手起用と割り切ってみていた。
そして、投手陣も整備もすこしは進んだとの感触があり、
若手も、徐々にではあるが伸びてきた印象もあった。
そしてかなりの期待をして迎えた今季。
ふたをあけてみたら、滑り出しは昨年同様に貧打。チャンスに一本出ず惜敗の連続。
そして、やっと5割まで戻して さあこれから! と臨んだ交流戦で、
まさかの 大失速、、、。 そして、ここで全ての希望がなくなった。

戦い方は 一本のスジがなく フラフラと迷走。
選手の覇気も 次第にうすれ 球場に行っても伝わってくるものはない。
シーズン終盤、選手が口々に 長かったシーズンだ と言った。
こんな気持ちで試合をしていたら、集中力なんて出るはずもなく。。


球団 チーム 選手 ファン。
全員がこの現実を冷静に見つめ直さなければ 明るい来季は見えて来ないんだと思う。
球団は、本当に勝つ気があるならば、補強という結果を見せて欲しい。
チーム作りとして、まず育成の方法を完全に見直して欲しい。
選手は、フェニックスリーグ、秋季キャンプで、負け犬根性を完全に払拭して欲しい。
そして、私たちファンは 何をすればいいのか。自分たちで答えを出さないといけないと思う。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://carpyasanhonpo.blog27.fc2.com/tb.php/626-f1a94e91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。