かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/19 そろそろ準備。
 伝統復活へ振り込み増、投は質重視の米国式 キャンプ方針 (中国新聞)

2月1日のキャンプインに向けてスタッフミーティングがおこなわれましたよ。

秋季キャンプに引き続き、
野手は振り込みを強化。
投手陣も球数制限を撤廃。 というような方針らしい。

とにかく 実力が不足している者には練習あるのみ。
これは いいと思います。

が、ひとつ思うこと。
マーティーが監督になって今年で3年目。
当初から気になっていたのが、方針が抽象的すぎないか!?ということ。

選手の自主性に任せたサインプレーや、
いわゆるケースバッテイングという言葉。
そして、この記事の中にあるような、
意味のあるブルペン と言う言葉。

詳細には具体的事項はあるのでしょうが、
選手に伝わるニュアンス的なものが、なかなか難しいような気がします。

そして、コーチも具体的にどうしたらいいのかということを完璧に理解しているのかどうか!?もかなり重要だと思うのです。
その点打撃部門は、
今季から内田コーチが復帰し、彼の持論で指導されることでしょうから、期待はしていいのでしょう。
しかし、投手部門は、今もって不安感は拭えません。
一年目、とにかく四球数を減らそう という目的意識を植え付け、それに向けて一軍・二軍共に挑んだ結果、大きな収穫を得ました。しかし、昨年はまた逆戻り。。。

もう少し、具体的に徹底した指示が出せるハイレベルなコーチングを望みたいのですが。


また、それとは逆に言えば、選手個々が、言われなければ結果を出せない と言うか、個のレベルが低すぎるのではないでしょうか。

以前、どこかのTV番組でのロッテの成瀬投手の特集で、
彼は、自分自身の確固たる調整法を持っていて、
コーチの必要ない助言は聞き流す と言ってました。
それこそ 『一個のプロ』 だと思うのです。

いちいち言われるがままにフォームを修正し、
それで自分が分からなくなって遠い旅路の彼方へ行ってしまったり。。。
入団直後からフォームをいじくられるのを本人たちは納得しているのですかね。
細かい調整は有るにせよ、大幅な変更は、十分に配慮してもらいたいですね。


と、いろいろ書いてみましたが、
チームは大きく方向を変えようとしています。
マーティーも戦力は横一線 と言い切りました。
言い切った限り、色眼鏡は無しで、全ての選手を戦力と見て
熾烈な競争を勝ち取った選手を起用してもらいたいものです。

2月1日を 楽しみに待ちたいですよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://carpyasanhonpo.blog27.fc2.com/tb.php/732-3e43792e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
昨日,カープはマーティを筆頭にスプリングキャンプへ向けてのスタッフミーティングを行い,キャンプの人選,練習方針を確認したようだ。詳細は中国新聞や各スポーツ紙の広島版を賑わせていたので,取り立てて詳細を述べるまでもないと思うが,あえてまとめると,野手は伝...
2008/01/19(土) 23:18:55 | ろー・ふぁーむ・かるぴおbypridegreen
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。