かあぷ屋さん本舗
野村 即刻退陣しろ!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/17 オープン戦@長谷川も。
本日は 同一リーグ東京ヤクルトとの試合。

先発は、股関節痛で出遅れていた長谷川。

5回まで2失点。大崩することなく試合をつくりました。
3・4回先頭打者を四球で歩かせるという場面もありましたが、
後続を抑える。
5回は、実戦不足からか、スタミナ面の問題からか、連打と犠飛で2失点。内容としては、まずまずではないでしょうか。

そして、今日も抑えとして登板したのは、コズ。
永川は最近実戦登板も無く、
ついに首脳陣はコズ、岸本のダブルストッパーでいく決心を固めたのでしょうか。

一方、打線は、今日も不発。
先日から、つながりを欠いています。
今日も、満塁から、相手のボークでの得点のみ。
9回、アレックスの一発が飛び出して辛うじて引分けに持ち込んだ と。

今日の誤算は、1・2・3番の売り出し中のトリオが一度の出塁もなし。
こうなると、得点力も下がります。
下位打線は、調整中の嶋、そして現状、まだはっきりと判断できないシーボル。
それに 石原、東出と続く打線。迫力にも欠けます。

この状態で思い出すのが、昨年、一昨年の開幕の状態。
投手陣がそれなりに抑えているにもかかわらず、打線が振るわず接戦を落とすというパターン。

同じ失敗を繰り返さないための方策を、具体的に取らないと。
お得意の 選手を信じている という言葉だけでは打開できない局面が来る前に です。


マーティーは 投手13人野手15人 という方針を打ち出しているようです。
益々、生き残りの争いは激化です。

この件に関しての思いはいろいろとありますが、今は敢えて静観します。
結果をみて感想を。
ただ、今まで一貫してきた方針を最後まで貫いて欲しいということ。
この時期きて、特例があっては絶対にならないと思うのです。


そんなわけで、サバイバルはまだまだ続きます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
よくまぁ
こんな面子で負けませんでしたねw

やはり今年も投手陣は仕事をしてくれそうですね。
今年は今のところ得点力は悪くありませんが、内容的に1,2の出塁が悪いところは気になりますね。
ここが安定してくれなくては采配で負ける…
そんな試合も多くなりそうな気がします。
2008/03/18(火) 03:13:38 | URL | みずき #-[ 編集]
>みずきさん
コメントありがとうございます。

そうですね。まあオープン戦とはいえ、勝ち癖をつけていくというのはこのチームには一番大事なことだと思うので、この成績は評価します。

仰るように、今年の売りとしている上位の出塁がカギですね。
しかし、それだけでは絶対に一年持たないと思うので、梵の3番には異論があります。
外野は果たして、誰を使うのでしょうか。
赤松の打力が一番のポイントですね。
でも、マーティーは守備と足で使いそうですから、前田、緒方、アレックスの状態を見て使うのでしょうか。

ほんと、あとは采配です。
打てる捕手起用と、意味の無い休養は。。。です。
2008/03/18(火) 21:05:53 | URL | よしだけんた@管理人 #l/ttz0CI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://carpyasanhonpo.blog27.fc2.com/tb.php/800-bd2882f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
オープン戦:広島2-2ヤクルト◇17日◇神宮 関東での開幕戦は、長谷川さんが先発
2008/03/17(月) 23:59:47 | 鯉といっしょに
今日は昨日と違って,仕事の合間に携帯速報で追っていたが,結局終わってみたらやっぱりしょっぱい試合だったというのが偽らざる印象だ。セ・リーグのチーム相手に引き分けだから結果もほめられない。しかも先制チャンスの一死満塁にボークでしか点が入らないのはなおまず...
2008/03/17(月) 23:34:11 | ろー・ふぁーむ・かるぴおbypridegreen
オープン戦ここまで首位で好調ですが ここからが正念場 何故なら今週は同一リーグのチームとの試合が続くから 相手も開幕に向けてベストの選手を出してくるだろうから ここでどういう野球ができるか 最後の仕上げの意味で注目したい そして今日は神宮に場所を移しての東...
2008/03/17(月) 22:50:03 | 広島ウォーズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。